今年で5回目!興奮がとまりませんでした


留学中の気持ち

プログラム参加前の気持ち

興奮が止まりませんでした。ともて待ち遠しく、出発するまでの1週間が2週間以上に感じました。

プログラム参加中の気持ち

夢のようでした。英語の世界での生活は最高でした。

大変と感じた事は?

1つ目は荷物の整理です。自分の荷物はスーツケースにてきとうにいれていただけでしたが、部屋の移動があり、荷物を運ぶのが大変でした。
2つ目は寮から食堂への移動です。敷地内の道路にはトラムが走っています。発車時刻などきまっていないので待つか待たないかは運です。しばらく来なそうなら10分程度歩いて移動することになります。特に土曜日は本数が少なく歩く人が殆どです。

楽しかった事は?

練習場でのミニゲームです。パッティング、アプローチ、又はその両方の試合をしました。盛り上がる時もあり、優勝者には帽子やゴルフボールなどの景品がありました。

日本との違いを感じたときは?

お店に行ったときです。日本だと、売店に入ると店員が「いらっしゃいませ」と言いますが、アメリカの店員は何もいわないか”Hi”と言うぐらいです。会計の時も日本の店員は一つ一つの動作で何か一言言いますが、アメリカの店員は商品の値段と、最後に”Have a nice day”などと言うぐらいです。日本のほうがおもてなしを大事にしているのだと思いました。紙幣も、日本のものはしわがありませんが、アメリカはしわだらけでした。

また、アプローチの練習グリーンがパッティンググリーンのように速かったことです。日本のゴルフ場にあるアプローチの練習グリーンは芝をしっかり刈っていないのでおもしろくないですが、アメリカは良く転がるのでやりがいがあります。

日本から持って行ってよかった物は?

折り畳み傘、保冷力のある水筒。

お友達は出来ましたか?

沢山できて、沢山会話をしました。

その他、気づいた事がありましたら教えてください。

蠅(ハエ)が日本より多かったです。

Ascender Hall East(寮の名前)

Ascender Hall East(寮の名前)

プログラム参加後の気持ち

プログラム参加後の気持ち

アメリカにずっと居たかったです。

アメリカでの短期生活で感じた事は?

生まれて一番短い1ヶ月でした。 来年も行きます!

ARC本部にてオリエンテーション

ARC本部にてオリエンテーション

保護者様よりコメント

どういった思いで今回お子様をプログラム参加をご決断されましたか?

短期留学は息子が毎年楽しみにしているし、ARCスタッフに安心してすべてお任せできるのですぐに決めました。

実際お子様を送りだした時の気持ちは?

昨年経験したIMGスクールであり、思う存分たのしんできてほしい。

お子様がプログラムに参加されている期間、会えない時間が長く感じたかと思いますが、会えない期間中のお気持ちは?

息子からの電話はほとんどなかったけど、何も心配することなく寂しいという気持ちもなかった。

無事お子様が帰国されて、渡米前との違いを何か感じられましたか?

アメリカに相当興味があるようで、アメリカのことをいろいろ調べるようになった。ゴルフの組み立てがうまくなった。

最後に一言お願いいたします。

おかげさまで年々成長していく息子を見ているのが楽しみになっています。

天然芝から打てるドライビングレンジ

天然芝から打てるドライビングレンジ

関連する体験談