心配なことばかりだったけど、想像以上に楽しかった


留学中の気持ち

プログラム参加前の気持ち

みんなと上手くやっていけるのか心配だった。

プログラム参加中の気持ち

想像以上に楽しく過ごせてうれしかった

大変と感じた事は?

相手の言っている事は大体わかるがその答えをうまく声に出して伝えることが出来なかったこと。

楽しかった事は?

色々な国の人とサッカーをして楽しく遊んだことと友達が出来たこと。

日本との違いを感じたときは?

大学のまわりの一軒家はほとんど一階建てで、土地の面積が広くお庭もあって広々としていた所。

日本から持って行ってよかった物は?

スマートフォン(外国のお友達が出来た時にFacebookやInstagramで連絡先を交換できたから)

お友達は出来ましたか?

沢山出来て嬉しかったです。

L.A本部にてオリエンテーションの様子

L.A本部にてオリエンテーションの様子

保護者様よりコメント

どういった思いで今回お子様をプログラム参加をご決断されましたか?

色々な国の学生と触れ合いながら、今持っている英語力を発揮してもらい、2週間カリフォルニアでの充実したプログラムを通して語学の必要性を感じてほしいと思い参加を決めました。

実際お子様を送りだした時の気持ちは?

一番に、無事に帰国願う気持ちと沢山経験して刺激を受けてもらいたいと思いました。

お子様がプログラムに参加されている期間、会えない時間が長く感じたかと思いますが、会えない期間中のお気持ちは?

時差がある為、病気、事件等トラブルにあったらと心配しましたが、LAにあるARC本部のスタッフの皆様が沢山いらっしゃって信頼できていたので、安心できました。

無事お子様が帰国されて、渡米前との違いを何か感じられましたか?

マイペースな性格ですが、人への拝領が自然に出来るようになった感じと、とても充実して楽しく生活出来たようで、次、アメリカへ早く行きたいという意気込み・パワーを感じます。

最後に一言お願いいたします。

東京支部でカウンセリングを受けた際、野村ちえい様、スタッフの方々とアットホームな会話をしながら、ボーディングスクールの相談をさせて頂きました。サマースクール選びも、とても親切に対応して下さり、信頼できました。現地でもお世話なり日本への連絡も細やかにして下さり感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。またよろしくお願い申し上げます。

関連する体験談